モップガール

モップガールは、原作も出版されてない「きらら4月号」で連載が、終了した小説。
知名度もない原作、北川初主演は、かなり、リスクが高そうだが、それだけに、谷原とのコンビが当たれば、見返りも大きそうだ

主人公のヒロイン、桃子(北川景子)には、特別な力が備わっている。それは死を迎えたばかりの人たちの命を助ける、という特別な能で、
無念の死を迎えた者が、彼女に「助けて」と救いを求めると、人知を超えた力が働き、その日の朝に逆戻りすると言うものだ。

死ぬには早すぎた人たちの最後の一日を、彼女だけ再びやり直すことができるのだ。 幼い頃、目の前で殺された母親を救えなかった、という過去をもつトゥルー。 これは、そんな自分のパワーを使って、生きたいと思う者たちの死を未然に防ごうと活躍するヒロインの物語だそうだ。

共演が、現在のミスター連投谷原章介で
大友役葬儀社の同僚で桃子をののしりながらも支える二重人格
高岡蒼甫、浅見れいな共演するらしい。

30代俳優と若手女優が組んで唯一成功パターンとも言える恋愛感情がないコンビパターンは成功するかもしれないが、おもしろければだが・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。